プチコン4 ミニゲームの作り方講座

プチコン未経験者でも作れる!
サクっとミニゲーム作り入門【入門者向け】

プチコン4 STGの作り方講座

プチコン4によるSTGの作り方
対話形式で学ぶゲーム作り入門【入門者向け】

プチコン4 RPGの作り方講座

プチコン4によるRPGの作り方
ハンズオン形式で学ぼう!【初心者向け】

Unity2D

ゼルダの伝説をやった人はよくこんな謎解き思いついたなーという斬新な仕掛けがあったりしますよね。ああいうのはセンスが無いと作ることはできませんが、素人にも謎解きを簡単に作る方法があります。それは……逆算法です。

Unity2D

前回の補足となってしまうのですがしっかりと固めていきましょう。画面スクロール上下が出来るようになったので、そのまま左右スクロールも実装してしまいます。

Unity2D

基本的なマップ構造が出来上がったのでプレイヤーがエリア移動用のイベントを踏んだら画面をスクロールするようにしてみましょう。イベントが発動したら移動状態にステータスが切り替わってカメラをスクロールする感じです。

Unity2D

前回原点やらオブジェクトのヒエラルキー構成やらを整理しました。今回は実際にマップを作ってスクロール機能を実装してしまいましょう。基本的にエリア切り替えイベントを踏むとスクロールするようにします。

Unity2D

前回はUIを画面に実装してカメラの子要素にすることでカメラを動かしてもUIを画面に固定することができました。現状は透過部分もあって見えなくてもいい所が見えてしまうのでゲーム画面以外は透過無しにしてしまいましょう。

Unity2D

UIが一旦固まったので、実際に実装していくのですがUnityでは様々なUI実装方法があります。結構長い間Unityから離れていたのでどの実装方法がデファクトスタンダードなのかよくわかりませんね。UnityデフォルトのuGUIだったりアセットで導入したり様々です。使った方が便利だとは思うのですが、今回は使わずに行きます。

Unity2D

前回に引き続きUIを決めてしまいましょう。ゲーム画面の位置と枠とライフと特殊ゲージと顔アイコンは決まりましたね。次はアイテム画面とステータスの配置に移りましょう。

Unity2D

画面の基本的なUIを確定しました。アイコンやライフに関しては確定ではありませんが、位置は確定しておくことで後から画像差し替えで対応できるようにしておきます。

Unity2D

最初の方に解像度を480×270に決めましたが、このキャラクターサイズだとかなり広くなってしまうんですよね。なのでUIのスペースを実装していきたいと思います。

Unity2D

いきなりダンジョンを組めと言われると結構難しくて、0から考えてたらまず間に合わないのでゼルダの伝説・聖剣伝説1を参考にして作っていきます。まずはプロのダンジョン構成とレベルデザインを参考にさせてもらいましょう。

Page 3 of 39
1
2
3
4
5
»